ITと農業を掛け合わせた「スマートアグリ」の情報を発信するメディアサイト

農業、流通、建設など、さまざまな分野で「働き方改革」を実現。“着るロボット”パワードウェアの効果を「人手不足対策展 2018」で紹介

前のページへ戻る

“着るロボット”パワードウェア「ATOUN MODEL Y」

“着るロボット”パワードウェア「ATOUN MODEL Y」

株式会社ATOUN(アトウン、 本社:奈良県奈良市、 社長:藤本弘道、 以下ATOUN)は、 新型の“着るロボット”パワードウェア「ATOUN MODEL Y」(※1)を、 2018年7月18日(水)から20日(金)まで東京ビッグサイトにて開催される「人手不足対策展 2018」(※2)に出展します。 会期中はブースで「ATOUN MODEL Y」を着用体験できるほか、 7月18日(水)11時から、 メイン会場のセミナー(※3)において、 ATOUN のパワードウェアによる「働き方改革」の実績や導入の具体策について解説します。

ATOUNでは、 これまでパワードウェアによって、 流通や建設をはじめとしたさまざまな作業現場の「働き方改革」に貢献してきました。 加えて、 2018年7月から出荷を開始した「ATOUN MODEL Y」では、 農業分野からも注目され、 導入事例も増えています。 若い世代の働き手がいない、 高齢者が営む農家では、 かなりの重量となる収穫物の運搬が大きな負担となっており、 ATOUNでは、 そのような高齢者の身体への負担軽減を目指した取り組み(※4)を推進しています。

これまでの実績をふまえて、 ATOUNは人手不足や作業の効率化を課題とするさまざまな業界に対し、 「働き方改革」の有力な解決策としてパワードウェアを提案していきます。

※1:パワードウェア「ATOUN MODEL Y」
床面付近から腰の高さでの荷物の持ち上げ下げの際に、 腰の負担を軽減する、 着るロボット。
http://atoun.co.jp/products/atoun-model-y

※2:「人手不足対策展 2018」
会期:2018年7月18日(水)~20日(金) 10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト 西3・4ホール 小間番号:721
http://expo.nikkeibp.co.jp/hitodebusoku/

※3:セミナー
日時:2018年7月18日(水)  11:00 ~ 11:40
会場:東京ビッグサイト 西3・4ホール セミナー会場H
・本セミナーへの参加をご希望の方は、 以下サイトから事前登録ください。
https://ers.nikkeibp.co.jp/user/contents/2018y0718lsm/index.html

※4:パワードウェア「ATOUN MODEL Y」開発の取り組み
「ATOUN MODEL Y」には、 ATOUNが流通や建設分野を中心にこれまで蓄積してきた知見に加えて、 2014年度~2015年度に農林水産省からの補助を受け実施してきたヒアリングや実証試験から得たデータが生かされています。 収穫物を運搬する際の持ち上げをアシストする機能の充実はもちろん、 屋外での作業への対応(国際防護等級 IP55を取得)や、 葉物野菜やイモ類の収穫、 酪農での牛糞などのパレット移し替え作業時などにみられる中腰姿勢への対応、 荷物の積み替えのような半身の姿勢への対応など、 さまざまなシーンを想定して開発を進めてきました。

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社ATOUN 営業担当:三輪 / 広報担当:福井
電話:0742-71-1878
お問い合わせページ: http://atoun.co.jp/contact
ホームページ: http://atoun.co.jp/

<関連情報>
・40%軽量化に成功。 介護用途にも対応した腰用パワーアシストスーツ「ATOUN MODEL Y」を発売~過酷な作業現場で得た知見を、 介護現場にも活用(2017年12月21日)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002953.000003442.html
・40% Weight Reduction – ATOUN to Launch New Power Assist Suits for the Hip, Suitable for Caregiving(2017年12月21日)(英語)
https://news.panasonic.com/global/topics/2017/53494.html