ITと農業を掛け合わせた「スマートアグリ」の情報を発信するメディアサイト

岡山県西粟倉村で森林経営管理法の活用を目指す「森林管理の大合宿」を開催

前のページへ戻る

新たな森林管理システムの運用方法を徹底解説!森林管理の新時代、もう準備はできていますか?

株式会社百森(岡山県西粟倉村、 代表取締役共同代表 中井照大郎、 田畑直)は、 岡山県西粟倉村(村長:青木秀樹、 以下西粟倉村)と共に、 来年4月よりスタートする森林経営管理法及び新たな森林管理システムの活用を目的とした1泊2日のセミナー「森林管理の大合宿」を開催します。 開催日は2018年11月12日(月)~13日(火)で参加費は 5万円/人(宿泊費・懇親会費別)。

来年4月より森林経営管理法及び森林環境譲与税がスタートし、 市町村が森林の整備を実施することができるようになります。 本セミナーでは、 民有林管理に課題を抱える地方自治体・森林組合等の職員を対象に、 これまで民有林整備を推進してきた西粟倉村が運用ノウハウを徹底解説すると共に、 林業やバイオマス関連の案件を手掛ける品川尚子弁護士が森林経営管理法と新たな森林管理システムの運用方法を解説します。 さらに参加者には、 西粟倉村で開発してきた山林所有者との契約書や通知書類のテンプレートも提供。 西粟倉村・品川弁護士への個別相談会も同時開催(先着順)します。

本セミナーへの参加によって、 新制度の実務を体系的に理解するだけでなく、 西粟倉村が約10年培った自治体による民有林管理のノウハウを吸収することができます。 新たな森林管理システムの運用に携わる予定の自治体のご担当者や、 今後、 森林環境譲与税関連の事業を検討している森林組合や林業事業体の職員の方、 奮ってご参加ください。

▼お申込みはこちら
http://morinokanri.strikingly.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《森林経営》『森林管理の大合宿』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日時:2018年11月12日(月)~13日(火)
会場:岡山県西粟倉村(詳細は参加者に追って連絡)
費用:5万円(宿泊費・懇親会費別)
対象:自治体職員、 森林組合や林業事業体等職員の方
詳細: http://morinokanri.strikingly.com/
主催:株式会社百森
共催:岡山県西粟倉村

 

■4つのポイント
1.自治体主導の森林管理を西粟倉村が実例解説
2.林業に精通した弁護士による新制度の運用解説
3.西粟倉村開発の契約書・通知書類のテンプレート進呈
4.品川弁護士・西粟倉村への個別相談会同時開催(先着順)

■スケジュール
◎11月12日(月)
13:00 挨拶・各種ご案内
13:15 (品川弁護士)森林経営管理システムの運用における法律上の論点整理
16:15 個別相談会
18:30 宿泊施設へ移動、 懇親会

◎11月13日(火)
9:00 (上山参事)西粟倉村での森林管理手法
12:00 解散(個別相談会)

■西粟倉とは

岡山県最北東にある人口約1500人の村。 面積の8割が人工林。 2008年に「百年の森林(もり)」構想を掲げ、 村役場が民有林管理に積極的に介入。 民有林約4300ha(社有林除く)のうち、 6割以上を既に集約化。 来年施行予定の森林経営管理制度のモデル地区となっている。 ここ近年、 移住者が急増している。
西粟倉村役場ウェブサイト:
http://www.vill.nishiawakura.okayama.jp/

■登壇者

上山隆浩 西粟倉村 参事
1960年生まれ。 「百年の森林構想」を推進する産業観光課の課長であり、 地方創生特任参事でもある。 村の地域資源を活用した新たな地域経営モデルの構築と魅力ある中山間地の将来像を提示したいと考え、 実現に向け力を注いでいる。

 

品川尚子 弁護士
早稲田大学政治経済学部卒業
平成19年弁護士登録(栃木県弁護士会)
林業やバイオマス関連の案件を手がけながら、 平成28年4月より宇都宮大学農学部森林科学科で社会人学生として履修開始。 これまで森林生態学・育林学・森林政策学・森林保護学・森林保護学演習・森林法律学・森林計画学を既修。

■森林経営管理法・新たな森林管理システムとは
森林経営管理法とは平成30年5月に可決された新たな法律で、 森林環境譲与税と共に来年4月に施行されます。 新たな森林管理システムは森林を経営する意向がなかったり、 所有者不明の森林を所有者に代わって市町村が管理できる制度です。 日本は国土の約7割が森林に覆われた森林大国ですが、 戦後に植えられたスギ・ヒノキが利用可能な時期を迎えている一方、 森林所有は小規模で分散しており、 管理が適切に行われていない事態が発生しています。 こうした事態を踏まえ、 新たな森林管理システムでは、 森林環境(譲与)税を財源として主に放置されている山林を市町村が集積させ、 意欲と能力のある林業事業体に委託する等して、 適切な管理を目指しています。 本セミナーでは、 その実務を行うであろう市町村や林業事業体の担当者を対象に必要となる業務内容や法務的な留意点などを解説します。

■株式会社百森について
森林の伐採等の施業を行わず、 森林経営・管理に特化した専門会社として2017年に岡山県西粟倉村にて設立。 日本全国の森林が適切に管理・経営され、 どんな社会になろうと全ての人が余すことなく豊かな森林を享受できるしくみをつくることを目指しています。 今年4月より、 西粟倉村にて受託した約2400haの森林の管理を担っています。
https://www.hyakumori.com/