ITと農業を掛け合わせた「スマートアグリ」の情報を発信するメディアサイト

お米を通じて世界に貢献「第三回国際シンポジウム コメとグローバルヘルス」 〜コメとコメ糠の科学とファイトケミカルス〜開催についてのご案内

前のページへ戻る

テーマに「グローバル・ヘルス」を掲げ人々の健康に関して国際的な協力・連携が必要な領域の課題に対して、コメとコメ糠の科学とファイトケミカルスと言う視点で議論致します。

米ぬか研究のパイオニア 築野食品工業株式会社(代表取締役社長 築野富美)が事務局を務める、 第3回国際シンポジウム「コメとグローバルヘルス ~コメとコメ糠の科学のファイトケミカルス~」が開催されます。 主催はThe Study Group of Rice and Health, Japan. 組織委員長でもある東北大学 教授 宮澤 陽夫氏を筆頭にお米に関連する研究をしている国内外の有識者からなる団体です。

お米のシンポジウムは1998年より10年に一度開催しており、 今回が3回目。 テーマに「グローバル・ヘルス」を掲げ人々の健康に関して国際的な協力・連携が必要な領域の課題に対して、 コメとコメ糠の科学とファイトケミカルスと言う視点で議論致します。 講演者は世界中のお米に関する研究者や識者合計36名。 また別会場では80名以上のポスター発表があります。 世界20カ国もの参加者が一同に介します。 貴重な国内資源であり、 世界の三大主要穀物でもある「お米」の有用活用が人々の健康と未来に貢献し、 シンポジウムを通じて新たな未来を語り合える場となり、 さらなる研究発展に寄与できることを期待しております。 尚、 12月1日(土)には一般市民の方向けに同テーマで市民公開講座を開催致します。

※詳細につきましては、 添付資料を以下のURLよりダウンロードいただけるとありがたいです。
https://prtimes.jp/a/?f=d27263-5-pdf-0.pdf

【行事について】
名称: 第三回国際シンポジウム  「コメとグローバルヘルス ~コメとコメ糠の科学とファイトケミカルス~」
期間: 平成30年11月29日(木)9:00~11月30日(金)17:30まで
場所: 国立京都国際会館
住所: 〒606-0001京都市左京区岩倉大鷺町422番地
主催: The Study Group of Rice and Health, Japan

【行事等の概要及び目的】
世界のコメの生産量は、 4億7,900万トンといわれており、 コメは小麦、 トウモロコシと並ぶ「三大穀物」として、 世界中の人々の食を支えています。  コメは重要な食糧であると同時に、 様々な有効成分の多くがコメ糠に含まれていることが認められ、 その機能や利用方法が研究され、 食品、 医薬品、 各種工業原料として広く利用されています。 近年ではそれらの成分が、 メタボリックシンドローム、 糖尿病、 認知症、 がんなどの予防や治療に効果があることが多くの研究者によって示唆され、 保健や医学的有効性の観点からも注目が集まっています。 会期の2日間、 世界におけるコメ生産や経済、 環境に関する状況、 またコメ食による疫学、 疾病予防への効果、 コメ有用成分の作用メカニズムなどについて、 関連する産官学の研究者や技術者、 さらには、 コメを通した教育、 行政に携わる方々が一同に会し、 最新の研究動向を発表、 そして現状の問題点を、 論じていただきます。 また、 多くのコメ生産国においてコメの価値に関する理解を深め、 コメの有効利用を活性化し、 経済や環境の改善、 人々の健康に繋げることを目的として開催いたします。

【後援】
農林水産省、 経済産業省、 公益社団法人関西経済連合会、 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構、 日本貿易振興機構、 アメリカ領事館、 オーストラリア大使館、 タイ王国大使館、 ベトナム大使館、 カンボジア大使館、  他

【プログラム】※当日は、 日英の同時通訳が入ります。
        詳細につきましては、 以下のURLよりご参照ください。
         https://prtimes.jp/a/?f=d27263-5-pdf-0.pdf
■基調講演 : 宮澤 陽夫(東北大学)/Naomi K. Fukagawa(米国農務省)/Mbuli Charles Boliko(FAO) 他
■シンポジウムI: Production, Economy, and Environment : Harold Roy-Macauley(アフリカ稲センター所長) 他
■シンポジウムII:Nutrition, Epidemiology, and Disease Prevention : 佐々木 敏(東京大学教授)他
■シンポジウムIII:Macronutrients and Clinical Studies : 門脇 基二(新潟工科大学 副学長) 他
■シンポジウム IV:Phytonutrients and Function : Anzelmi Cecilia(シエナ大学 教授) 他

【参加費および参加登録】
●参加費(事前登録)     一般:20,000円 学生:5,000円
※2018年11月5日(月)までに以下参加登録サイトにお申し込みください。
https://www.c-linkage.co.jp/rice-studies/registration.html
●参加費(当日参加費)    一般:25,000円 学生:6,000円
※2018年11月6日(火)以降の方は当日会場にてお支払いいただきます。

【市民公開講座】  ※詳細につきましては、 以下のURLよりご参照ください。
           https://prtimes.jp/a/?f=d27263-5-pdf-0.pdf
名称:  第3回国際シンポジウム コメとグローバルヘルス 市民公開講座 ”改めて知る「お米」のパワー
期間:  平成30年12月1日(土)13:30~16:40
場所:  京都烏丸コンベンションホール
住所:  〒604-8162 京都府京都市中京区烏丸通六角下る七観音町634
参加費: 無料
主催:  The Study Group of Rice and Health, Japan