ITと農業を掛け合わせた「スマートアグリ」の情報を発信するメディアサイト

阪急阪神ホールディングスグループ 「農業ビジネス」に参入 〜高糖度ミニトマトの通年生産に着手〜

前のページへ戻る

阪急阪神ホールディングスグループでは、 「長期ビジョン2025」において「深める沿線 拡げるフィールド」をスローガンとして掲げ、 持続的な企業価値の向上を目指して新事業領域の開拓に取り組んでおりますが、 このたび新たな事業として「農業ビジネス」に参入することとしましたので、 お知らせいたします。

近年の農業は、 技術革新の進展等により、 高付加価値の農作物が安定的に生産できるようになるとともに、 消費者の食に対する安心・安全志向や品質・鮮度志向が高まっています。 こうした状況を受けて、 グループ内で「農業ビジネス」への進出の可能性について検討を重ねてまいりましたが、 「農業ビジネス」が今後さらに成長していくと見込まれること、 ならびに長期的にはグループで展開している既存事業との相乗効果も期待できることから、 今般、 「農業ビジネス」を当社グループの新たな事業メニューと位置付け、 まずは人気の高い高糖度ミニトマトの通年生産に取り組むこととしました。

具体的には、 当社グループにおいて新規事業のインキュベーション(育成)の役割を担っている株式会社ライフデザイン阪急阪神が、 農業ベンチャーの「株式会社オーガニックソイル」と業務提携して進めていくこととします。
オーガニックソイル社は独自配合の土や肥料の開発にノウハウを持っており、 太陽光利用型環境制御ハウス(※)を利用した栽培と、 糖度の計測・選果等により、 年間を通して安定的に高糖度ミニトマトを生産・供給する技術を有するとともに、 これまで数多くの実績を残しています。
ライフデザイン阪急阪神では、 このハウスを兵庫県姫路市に設置し、 オーガニックソイル社から栽培技術の提供を受けながら、 本年夏より生産を開始し、 年間80トンの販売を目指してまいります。

※太陽光利用型環境制御ハウス:気化熱による冷却装置やヒートポンプによる冷暖房装置等を備えており、 それにより栽培環境を制御することができます。

<イメージ写真>

イメージ写真

イメージ写真

○太陽光利用型環境制御ハウスの概要
1 所在地 兵庫県姫路市余部区下余部154 他
2 敷地面積 11,658平方メートル
3 ハウス棟数 5連ハウス2棟(設置面積:4,356平方メートル)
4 着工 2019年2月(予定)
5 竣工 2019年6月(予定)

○株式会社ライフデザイン阪急阪神の概要
所在地 大阪市北区芝田一丁目16番1号
事業内容 阪急阪神ホールディングスグループにおける各種新規事業のインキュベーション
設立日 2017年4月21日
代表者 上田 均
資本金 100,000千円(阪急阪神ホールディングス100%出資)
ホームページ http://life-design.hankyu-hanshin.co.jp/

○株式会社オーガニックソイルの概要
所在地 東京都中央区日本橋茅場町2‐9‐8 
事業内容 温室ハウスプラントの販売
     高密度微生物有機培土及び肥料の製造・販売
     農業ビジネス及び事業展開のコンサルティング
     農産物の生産・販売
設立日 2015年5月8日
代表者 中川英之
資本金 99,900千円
ホームページ  https://www.organicsoil.co.jp/

阪急阪神ホールディングス株式会社  https://www.hankyu-hanshin.co.jp/

リリース  https://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/6568_9c325c2ca9aafa5e231a2ae428f723517b79a951.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1