ITと農業を掛け合わせた「スマートアグリ」の情報を発信するメディアサイト

県内市町村で初!川崎市で品種登録第1号が誕生!!

前のページへ戻る

それは「のらぼう菜」の中から偶然に見つけた1本の苗から始まりました。
川崎市農業技術支援センターでは、 平成18年から「のらぼう菜」の収穫時期や収量等の特性について調査を開始し、 その中で、 従来の「のらぼう菜」とは異なる、 葉に光沢がある個体を発見しました。 その後、 センターでの10年に及ぶ研究と自家受粉による選抜により、 育種した新品種“川崎市農技1号”を平成29年3月に農林水産大臣に品種登録の出願をしていたところ、 2月14日付けで品種登録されました。 川崎市では品種登録第1号になります。 品種登録は市町村では珍しく、 神奈川県内でも初になります。
今後は、 新品種の市内生産者への普及方法や消費者へのPR方法、 愛称の決定方法について検討していきます。

「のらぼう菜」から誕生した新品種“川崎市農技1号”

                  写真 新品種「川崎市農技1号」

●新品種の特長

  • 「のらぼう菜」と比べ葉及び茎に光沢がある
  • 他のナバナに比べると茎の部分に筋が無く、 アブラナ科特有の苦みがない。
  • 食味はくせがなく強い甘みが特長

●「のらぼう菜」とは


川崎市の菅地区で古くから栽培されている伝統野菜です。 現在、 神奈川県の農林水産物ブランド「かながわブランド」や本市の「かわさき農産物ブランド」に認定されており、 美味しいかわさきの郷土作物であることが知られています。
本市では、 明治大学、 神奈川県との共同研究をしており、 昨年、 その成果として栽培マニュアルをとりまとめました。

●スケジュール

新品種育成の経過

発見(平成19年3月)

調査のために育成していた「のらぼう菜」の中に、 葉及び茎(くき)に光沢がある苗を1本発見した。 普通はこのような苗は農家では間引いてしまうが、 当時の職員はこれを面白いと思い育成してみることにし、 この苗から種子を採取した。

選抜→改良(平成19年~28年)

 

優良な個体を選抜しながら、 自家受粉で種子を採取することで改良を重ねた。

当初はなかなか形質が安定せず、 次の年には出てくるものがバラバラで失敗の連続であった。

品質の改良が進み形質が安定(平成28年3月~平成29年3月)

10年間、 調査・研究した結果、 形質が安定したため、 「これなら品種登録できるのでは」と考え品種登録の申請を行った。