ITと農業を掛け合わせた「スマートアグリ」の情報を発信するメディアサイト

農業ベンチャー レグミン、「NVIDIA Inception Program」のパートナー企業に認定

前のページへ戻る

自律走行型ロボットを活用して農業の効率化を目指す株式会社レグミン(本社:東京都中央区、 代表取締役:成勢卓裕、 野毛慶弘 以下 「レグミン」)はGPUディープラーニング プラットフォームを提供しているAIコンピューティング カンパニーであるNVIDIA Corporation(以下、 NVIDIA)のAIスタートアップ支援プログラム「NVIDIA Inception Program」のパートナー企業に認定されました。

当社は葉物野菜の播種(種まき)から収穫までの作業を自動化するロボットを開発しています。 レグミンが開発するロボットは、 AI による画像解析で野菜の成長度合の把握や虫食い・病気の早期検知といった品質管理も行います。
「NVIDIA Inception Program」の認定により、 NVIDIAの最新GPUハードウェアの利用やNVIDIAからの技術支援等を受け、 AI技術の研究開発の推進を目指します。

【NVIDIA Inception Programについて】

NVIDIA Inception Programは、 人工知能(AI)やデータサイエンスの進歩に伴い業界に革命を起こそうとしているスタートアップ企業を養成することを目的としています。 Inceptionは、 仮想インキュベータープログラムとして設計されており、 製品開発、 プロトタイピング、 および導入の段階でクリティカルな状態にいるメンバーを支援します。 これには、 ハードウェア付与や マーケティングサポートからディープラーニングエキスパートとのトレーニングに至るまで現行のメリットのカスタムセットが含まれています。
(URL: http://www.nvidia.co.jp/object/inception-program-jp.html

【Legminについて  : ”稼げない重労働”から”収益の上がるビジネス”へ】

現代の農業は収益性の低さ、 新規参入の難しさ、 高負荷な労働環境により後継者不足という深刻な問題を抱えています。 私たちレグミンはこれらの課題を解決するために生産をより効率的に行うロボットを開発し農家の方々の負担を軽減します。 人とロボットの協業を目指し新しい農業の形を実現させます。

■本件に関するお問い合わせ先
代表取締役 成勢 卓裕
E-mail: info@legmin.com
<レグミンでは共に課題解決に取り組む仲間を募集しています。 >
募集職種:ロボット開発に携わるソフトウェアエンジニア・ハードウェアエンジニア / 野菜の生産を行うファーマー / 採用人事

■会社名 株式会社レグミン(Legmin inc.)
所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-11 ニューリバータワーB103
E-mail: info@legmin.com
設立:2018年5月
事業内容:葉菜類の野菜生産/販売 農作業ロボット/管理システムの開発
HP: https://legmin.co.jp/
Youtube: https://youtu.be/xOTXR8x8Ss0