ITと農業を掛け合わせた「スマートアグリ」の情報を発信するメディアサイト

「次世代森林産業展」長野で8月開幕 バイオマスエキスポも同時開催

前のページへ戻る

産経新聞グループの総合ビジネス経済紙「フジサンケイビジネスアイ」(日本工業新聞社発行)は、 森林産業全体の活性化を目指す国際展示会「次世代森林産業展2019(FORESTRISE2019)」を8月1~3日の3日間、 長野県長野市の「ビッグハット/若里市民文化ホール」で開催します。 6月7日現在で国内外合わせて屋内91の企業・団体(109小間)、 屋外16社・団体(1012平方メートル)が出展する予定で、 6000人の来場者を見込んでいます。 ただいま来場者(無料)を募集しています。 詳しくは、 公式ホームページ( http://www.forestrise.jp/ )をご覧ください。

チェーンソーの実演=2017年開催の国際ウッドフェア

チェーンソーの実演=2017年開催の国際ウッドフェア

次世代森林産業展2019(FORESTRISE)」は、 2017年5月に初開催した林業・バイオマスをテーマにした「国際ウッドフェア」を大きく衣替えし、 森林資源を基盤とする産業全体を包括的に捉え、 活性化に向けた連携・交流を創出することを目指しています。

加えて、 産業の発展に欠かせない国内外の先進的な製品・技術をはじめ、 ドローン、 AI(人工知能)、 ロボット、 センシング、 ICT(情報通信技術)/IoT(モノのインターネット)といった最新テクノロジーの普及、 利用促進を図り、 ビジネスチャンスを創り出します。

また、 会期中には現場の課題解決、 知識習得、 研鑚につながる関連セミナーも連日開催。 前回に引き続き「バイオマスエキスポNagano」も同時開催いたします。

「次世代森林産業展2019(FORESTRISE、 フォレストライズ)」開催概要

【日時】2019年8月1日(木)~8月3日(土)、 10時~17時
【会場】ビッグハット/若里市民文化ホール(長野県長野市若里3-22-2)
【料金】無料(要事前登録、 要招待券持参)

【公式HP】 http://www.forestrise.jp/

【主催】フジサンケイビジネスアイ(日本工業新聞社)
【特別協力】長野県、 オーストリア大使館商務部など
【後援】林野庁、 国土緑化推進機構など

【来場についてのお申込み、 お問い合わせ】
次世代森林産業展2019展示会事務局 (株式会社ティ・シィ・エス) 担当:内田
☎03-3432-4722 (メール) info19@forestrise.jp