ITと農業を掛け合わせた「スマートアグリ」の情報を発信するメディアサイト

ヘリオスペクトラ 東京事務所を開設

前のページへ戻る

スウェーデン生まれの園芸用スマートLED照明メーカーがアジアに初進出

ヘリオスペクトラ 東京事務所を開設
(ヨーテボリ、 スウェーデン カリフォルニア州サンフランシスコ、 2019年7月10日) –
温室および植物工場用のスマートLED照明の世界的リーダーであるHeliospectra AB(publ)(OTCQB:HLSPY、 FIRSTNORTH:HELIO)は、 2019年7月に新たに東京オフィスを開設したと発表。

 スウェーデンの園芸用スマートLED照明メーカーのヘリオスペクトラは、 波長や光強度の制御が可能なスマートLED照明とリアルタイムフィードバックを組み合わせた様々な自動制御が可能な製品群で、 温室園芸や人工光併用型、 完全閉鎖型の植物工場の分野で急速にシェアーを拡大して参りました。 現在、 ヨーロッパ、 カナダ、 アメリカ、 南アメリカ、 オセアニアの各地で、 ヘリオスペクトラ社製のスマートLED照明は研究機関や大規模園芸企業を始めとする多くの顧客に採用され目覚ましい成果を上げています。
 次世代の農業の一つの形として植物工場が注目され、 この分野での最先端の技術や経験を誇る日本での新たな需要や可能性に迅速に対応するために、 この度ヘリオスペクトラ社(スウェーデン)は東京に新たなオフィスを開設し専属の社員を配置することを決定し、 7月に東京都千代田区にヘリオスペクトラジャパン株式会社を設立いたしました。
ヘリオスペクトラジャパンの鈴木靖浩は、 次のように述べています。 「ヘリオスペクトラ は、 生産者や企業の方々に使い勝手の良い制御可能なLED照明システムを開発しました。 植物工場はもちろん従来型の温室園芸の分野でも新たな価値を提供できると確信しています。 日本の進んだ取り組みをされている生産者や大規模施設の方々と協力して、 作物の生産性と収穫量の向上・高品質や新たな価値を創造することで収益性を向上させる多くのプロジェクトを協働していく事を楽しみにしています。 」